blog

スタッフブログ

グリーン住宅ポイント制度について🏠ご紹介

【京都伏見でリフォーム&リノベーションするならハウスウィンドウ


 

2021年中のリフォームでグリーン住宅ポイント制度を活用しましょう!

    

👆グリーン住宅ポイント制度とは?

 

一定の省エネ性や耐震性、バリアフリー性能等を満たすリフォームや新築を建てる場合に、

在宅ワークなどの「新たな日常」や防災に対応した商品や追加工事、

環境や子育て支援等に対応した商品と交換できるポイントを付与する制度です。

今回の制度では、取得したポイントで特定の商品へと交換ができるだけでなく、

「即時交換工事」といった獲得したポイントを追加工事の費用として使用することができる

が大きな特徴となっています(即時交換は対象となる追加工事に限定されます)

特例に当てはまる場合、さらに付与ポイントが引上げられ、新築だと最大100万ポイントが発行されます。

ポイント分で通常よりもお得に工事を行うことができますので、制度を有効に活用して快適なお住まいへと工事を行いましょう。

 

一定の条件を満たした、新築や既存住宅の購入でもグリーン住宅ポイントが付与されますが、

ここではリフォームの場合の条件をご紹介致します。

下記のリフォームがポイント付与の対応となります

 

 

🙄リフォームでグリーン住宅ポイントがもらえる条件は?

一定の条件を満たした新築や既存住宅の購入でもグリーン住宅ポイントが付与されますが
ここではリフォームの場合の条件をご紹介いたします🍀

下記のリフォームがポイント付与の対応となります。

 

①開口部の断熱改修(内窓の設置、ガラスや外窓、ドアの交換等)

② 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

③エコ住宅設備の設置

(太陽熱利用システム・節水型トイレ・高断熱浴槽・高効率給湯器・節湯水栓の設置)

④耐震改修

⑤バリアフリー改修

⑥リフォーム瑕疵保険等への加入

 

①~③までのいずれかに該当するリフォーム工事が必須対象で、④~⑥に関しては任意ですが、
一定規模一上のリフォーム工事を行えばポイント付与対象となります。

対象の工事内容や規模によって付与されるポイント数が異なり、発行ポイント数は1戸あたり上限30万ポイントですが、下記の上限特例があります。

① 若者(40歳未満の世帯)・子育て世帯(18歳未満の子を有する世帯)は上限を45万ポイントに引き上げ (既存住宅の購入を伴う場合は上限60万ポイントに引き上げ)

② 若者・子育て世帯意外の世帯で安心R住宅を購入しリフォームを行う場合は上限を45万ポイントに引き上げ

※詳しくは下記の国土交通省のグリーン住宅ポイント制度に関するホームページをご覧ください。

 

国や地域の制度を最大限に活用して、満足のいくリフォームを実現させましょう(●’◡’●)

 

        京都でリフォーム・リノベーションをご検討されているお客さま

                    

         お問い合わせお待ちしております