京都のリフォームはハウスウィンドウへ。京都市リフォーム補助金のご相談もお任せ下さい!

  • おかげさまで京都で創業10年
  • 2016年リフォーム施工実績862件

リフォーム・外壁塗装お問い合わせ・資料請求

0120-88-1615営業時間10:00~18:00

京都外壁塗装ガイド

手抜き工事の手口と予防法

京都外壁塗装ガイド今回のテーマは?

外壁塗装リフォーム業者には、誠実に仕事に取り組む良心的な業者がある一方、手抜き工事を行うような悪質業者もあります。
今回の京都外壁塗装ガイドのテーマは「手抜き工事」。あなたの家を塗装リフォームする際、手抜き工事を行われずに済むよう、手抜き工事の手口を知っておきましょう。

手抜き工事の手口

手抜き工事の手口を知っていれば、そのようなことが行われていないか監視して、防ぐことができるはずです。さて、主な手口には次のようなものがあります。

ケース①

塗料は希釈して使用するもので、希釈の割合は商品により決められています。しかし、塗料代を削るため、決められた割合以上に薄めて使用するという手口。そのようなことをすれば耐久性が損なわれ、短い年数で再び塗装を行わなくてはいけなくなってしまします。

ケース②

残っている塗膜やサビの除去のための洗浄など、下地処理は外壁塗装工事に不可欠です。この工程を怠ると、早期の塗装剥がれの原因になりかねません。下地処理は、その後の塗装で見えなくなってしまう部分ですので、しっかり行われているかどうか現場で目視したり、工事風景の写真を残してもらうなどの対策を取る必要があります。

ケース③

本来塗り重ねは、塗った部分が十分に乾燥してから行うものですが、工事期間短縮のため、乾燥を待たずに次の塗料を塗り重ねるといった手抜きをされることがあります。これも早期の塗装剥がれの原因となる悪質な工事です。

ケース④

3回塗り重ねる契約なのに、2回の塗り重ねしか行わない手口もあります。やはり耐久性が落ちてしまいます。これを防ぐ方法として、中塗りと上塗りの塗料の色を少し変えてもらえば、手抜きは一目瞭然になり有効です。

手抜き工事が行われることを防ぐために

中塗りと上塗りの塗料の色を変えるのは、不正が行われないよう、公共工事では当たり前に取られている手段です。また、工事業者は工程ごとに工事風景の写真を撮り、依頼主へ提出することもしています。現場で工事内容を確認するほか、この2つのことを工事業者へお願いすれば、手抜き工事を防ぐことに役立つものと思われます。

京都で外壁塗装・屋根塗装が気になった方は必見!外壁塗装・屋根塗装キャンペーン実施中!

京都ハウスウィンドウの外壁塗装コンテンツはこちら!