京都のリフォームはハウスウィンドウへ。京都市リフォーム補助金のご相談もお任せ下さい!

  • おかげさまで京都で創業10年
  • 2016年リフォーム施工実績862件

リフォーム・外壁塗装お問い合わせ・資料請求

0120-88-1615営業時間10:00~18:00

京都外壁塗装ガイド

外壁リフォームの工程その1

京都外壁塗装ガイド今回のテーマは?

外壁の塗り替えをこれから行う人、またこれまでに行ったことのある人でも、外壁リフォームがどのような工程で進められるのかについて、ご存知ではない方が多いと思います。知っておけば、見積もりの内容も理解しやすいでしょうし、手抜き工事を未然に防ぐこともできるのではないでしょうか。
今回の京都外壁塗装ガイドのテーマは「外壁塗り替え工事の手順について」です。外壁リフォームは具体的にどのようにして進められていくのでしょうか?
まずは、全体の流れから見ていきましょう。

塗り替えは次のような手順で進められます

  • ①近隣へのご挨拶回り
  • ②足場を設置
  • ③家の洗浄(外壁・屋根)
  • ④下準備
  • ⑤下地処理(下地調整)
  • ⑥下塗り(外壁)
  • ⑦中塗り(外壁)
  • ⑧上塗り(外壁)
  • ⑨屋根の下地処理
  • ⑩下塗り(屋根)
  • ⑪中塗り(屋根)
  • ⑫上塗り(屋根)
  • ⑬付帯部の塗装
  • ⑭足場撤去と最終点検

このような流れで工事は進められます。外壁、屋根の工程とも下塗り、中塗り、上塗りとありますが、塗装は3回行うことが原則なのです。

外壁リフォームに掛かる期間は10日前後

外壁のリフォームに要する期間は、工事内容や家の大きさにもよりますが、10日前後が平均的です。 さて、それでは各工程についての詳しい説明です。

①近隣へのご挨拶回り

工事中には、騒音が出たり、シンナーの臭いがしたり、車の出入りが多くなるなど、近隣にご迷惑をお掛けすることになります。
ですから近くにお住まいの方へご挨拶に伺い、工事期間や、工事内容についてご説明し、ご了承をいただくようにします。周りの方に工事についてご理解いただくことは、近隣トラブルを避け、気持ちよく工事を進めるために必要な配慮であり、重要なことです。

②足場を設置

塗装作業をスムーズに、安全に行うために、安定した足場を作ることは大切です。作業しやすい環境を作ることは、職人の力を引き出すためにも必要なことで、工事の品質にも影響を与えるため、疎かにはできません。
足場が組めれば、それを覆うようなかたちでメッシュ(飛散防止ネット)を張ります。メッシュは作業中に出るゴミやほこり、塗料などが周囲に飛び散ることを防いでくれます。
足場の設置では、鉄骨を組むため大きい金属音が鳴ります。ですから、足場の設置に取り掛かる前に、近隣へのご挨拶を済ませる必要があります。

京都ハウスウィンドウの外壁塗装コンテンツはこちら!