京都のリフォームはハウスウィンドウへ。京都市リフォーム補助金のご相談もお任せ下さい!

  • おかげさまで京都で創業10年
  • 2016年リフォーム施工実績862件

リフォーム・外壁塗装お問い合わせ・資料請求

0120-88-1615営業時間10:00~18:00

京都外壁塗装ガイド

外壁リフォームのお金で失敗しないために その2

3倍もの違いがある両社の見積もり

Aさん宅の外壁塗装のリフォーム料金は、訪問業者の見積もりでは300万円、ハウスウィンドウの見積もりでは約100万円。両社の提示する金額には、おおよそ3倍もの違いがあります

なぜそんなにも見積もり金額に大きな差があるのでしょうか?訪問業者の見積もり内容には、なにか問題点があったのでしょうか?

見積もり内容を検証

京都外壁塗装ガイドは、訪問業者の見積もりを検証してみました。すると、驚きの事実が…明らかに問題であろう点が、いくつか認められたのです。
詳しく見ていくことにしましょう。

見積もりについての問題点

問題①外壁の面積が実際よりも大きく見積もられていた

訪問業者の見積もりで、Aさん宅の外壁の面積は約200㎡とされていましたが、実際には140㎡くらいしかありませんでした。
延べ床面積が30坪程度の一般的な戸建て住宅の場合、外壁の面積は135㎡から145㎡ほどであることがほとんどです。
外壁塗装の費用は、外壁面積と平米単価を掛け合わせて求められます。ですから、外壁面積が実際よりも大きく見積もられては、費用も上がってしまって当然なのです。

問題②平米単価も法外に高い

訪問業者の提示した平米単価は下塗り、中塗り、仕上げ塗りとも3700円でしたが、これは高すぎます。価格は下塗りが800円、中塗り、仕上げ塗り各1500円くらいが相場です。どうりで費用が膨らんでしまうわけですね。

問題③セラミック塗料の謎…

セラミック塗料を、訪問業者はオリジナル塗料だと説明したそうですが、セラミック塗料というものはありません。セラミックが入った塗料ならあるのですが、全成分がセラミックの塗料というのはないのです。そのうえ、セラミック塗料だから、丈夫で長持ちというのもおかしな説明です。

悪質な内容であることが明らかに…

比較対象であるハウスウィンドウの見積もりは、最もよく選ばれている、シリコン系の塗料を使い、屋根と外壁の施工を行った場合で、約100万円ということでした。

訪問業者とハウスウィンドウの見積もりの元になっている施工内容や諸条件については、同じはずですよね。それに、ハウスウィンドウのリフォーム料金が破格だというわけでもありません。
つまり、訪問業者の見積もりは相場に比べて高すぎると言って、間違いありませんし、悪質だと言わざるを得ません。

京都ハウスウィンドウの外壁塗装コンテンツはこちら!