京都のリフォームはハウスウィンドウへ。京都市リフォーム補助金のご相談もお任せ下さい!

  • おかげさまで京都で創業10年
  • 2016年リフォーム施工実績862件

リフォーム・外壁塗装お問い合わせ・資料請求

0120-88-1615営業時間10:00~18:00

京都空き家問題コラム

空き家を貸すには

新築を建てて貸すにはどうすべき?

カテゴリー:

新たに建てる場合は容積率に注意 京都で古い空き家を保有されているなら、解体してアパートやマンションを賃貸用に建てることを検討しているかもしれません。しかし、アパートを建てるときに注意したいのが土地の容積率で、容積率が200%未満の土地では、建てたほうが損をするケースもあります。 容積率が100%の場合を例にすると、土地面積と建物の延べ床面積が同じになります。仮に土地の坪単価が2...

続きを読む

定期借家契約や民泊なども検討を

カテゴリー:

必ず退去してもらえる定期借家契約 賃貸契約には普通借家契約と定期借家契約があり、特定の期間だけ貸したい場合には定期借家契約を選ぶのが賢い方法です。普通借家契約では借主が出ていくと言わない限り、貸主から正当な理由なく出て行けとは言えない契約になっています。つまり、借主の住む権利のほうが保護されているので、一度貸すと契約更新を続けるしかない状態でした。 普通借家契約の借主保護は退去...

続きを読む

空き家を貸す方法とは?

カテゴリー:

京都で空き家を保有している方は「売る」以外に「貸す」ことを視野に入れてみませんか。今回は空き家を貸す方法について考えてみたいと思います。 貸す前に売る検討もしておく 戸建ての空き家は集合住宅に比べて賃貸需要が小さく、貸す検討と売る検討の両方をしておきましょう。売るためには解体して売るか、空き家を残して売るかどちらかですが、個人に売ることを想定しているなら解体、建売業...

続きを読む